« 開始の宣言 | トップページ | 事業仕分けで、仕分けの判断基準はあるの? »

2009年11月 7日 (土)

南国の旧友から写真が送られてきました

嬉しいことがありました。昔懐かしい友人から、やはりこれも昔懐かしい面々の写真が送られてきたのです。

僕は、長く国際業務に従事していて海外に勤務する機会もありました。銀行に入って6年目から約5年間、家族も連れてシンガポールに赴任しました。仕事は支店の開設。日本人は6名でしたが、現地職員も20人ほど採用しました。

支店の開設は苦労が多く、休みもろくにとれません。それこそ皆一丸となって・・・・というやつです。それだけに当時のメンバーは結束が強く、心も通い合う仲間となりました。

その後、銀行本体の業績不振から海外撤退が決まり、シンガポール支店も閉鎖されて、現地職員は全員解雇されました。

今回の写真は、その当時の現地職員から送られてきたものです。支店は閉鎖されても、一緒に働いた仲間は今も時々集まるらしく、最近開かれたお食事会の様子が10枚ほどの写真におさめらていましたAsahi_14

苦労して開設した支店は閉鎖されて跡形もなくなってしまったけど、そこに働いていた人々の連帯意識が今も消えず、そこに活動していた痕跡をしっかり残しています。

もう20年も前なので、皆ずいぶんとおばさん・おじさんになっていますが、それでも懐かしい名前がちゃんと記憶の奥から出てきます。

|

« 開始の宣言 | トップページ | 事業仕分けで、仕分けの判断基準はあるの? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548369/46701050

この記事へのトラックバック一覧です: 南国の旧友から写真が送られてきました:

« 開始の宣言 | トップページ | 事業仕分けで、仕分けの判断基準はあるの? »