« 政党とその名前、減税日本 | トップページ | 可哀相な英ブラウン首相と思いあがったマスコミ »

2010年4月29日 (木)

SECによるゴールドマン・サックス提訴は妥当ではない。

米証券取引委員会がゴールドマン・サックスを提訴したけど、その内容があまり伝わってきません。所謂リーマンショックの元凶が、同証券会社のような行為にあったのだとすれば、これは憎いので、一体どんな罪があったのか、そしてそれは今後このような金融危機が起こらないようにするための再防止策のヒントのようなものがそこにあるのかと、ちょっと興味があります。

4月26日の日経には、英紙フィナンシャル・タイムズの報道を引用して、ゴールドマン・サックスは、ロイズ・バンク・グループの資金調達を担当した際、自らも債権を購入していたとし、このことが罪であるように伝えていました。

しかし、本当にそれは罪なのでしょうか。今回の提訴はこのような内容を糾弾しようとしているのでしょうか。

証券会社は、資金調達を支援するが投資も支援し、その両方を同時に見るから、調達と投資の橋渡しができるのだと思います。記事では、ゴールドマン・サックスが、「引受部門と投資部門を分けている」と弁解しているようなことも書かれていますが、内部統制上そうすべきとのルールがあるのならそのルールも正しいとは思えません。

そもそも、本件では自らも投資したことで、調達の条件がロイズに不利になったことを責めていますが、リーマンショックは投資家の立場にたたずに高リスク商品を売りさばいていたことが原因とされています(それは別に議論が必要だが)。その意味では、自分も投資することで、投資家の立場に立つことができるのだから、むしろ良いことではないかなと思います。

だから、証券会社を規制するとすれば、「資金調達を担当するなら、自らもその発行証券の10%以上を最終償還期限まで保有しなければならない。」なんてルールが、ひょっとしたらあってもいい。

それから、商業銀行がシンジケート・ローン(複数銀行が協調して同じ貸出先に融資する仕組み)を組むとき、大抵の場合、自分でもお金を出します。むしろそうしないと参加した銀行から疑いの目で見られる。金を出さないということはリスクをとらないということなので、その融資は危ないんじゃないかとみられる訳です。商業銀行と証券会社は手段も機能も異なりますが、切り口は同じです。

投資家にとって良い投資であれば、それは調達者(融資の場合は借入人)にとっても良い調達であるはず。なぜなら、そのお金が正しい方法で有効に活用され将来果実を生むなら、調達者も投資家も幸せになれるからです。そのためには、調達側と投資側の両方の立場を理解しながら仕組みをまとめるはず。だから、ゴールドマン・サックスのこのことだけを指して罪だというのはおかしい。

ただ、橋渡し機能としての金融は、その距離があまり遠くなってしまうと、橋渡しした本人もわからなくなってしまう。実はそこが問題であって、リーマンショックの本質はそこにあります。これはまた機会を改めて・・・。

|

« 政党とその名前、減税日本 | トップページ | 可哀相な英ブラウン首相と思いあがったマスコミ »

銀行・金融」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548369/48211205

この記事へのトラックバック一覧です: SECによるゴールドマン・サックス提訴は妥当ではない。:

« 政党とその名前、減税日本 | トップページ | 可哀相な英ブラウン首相と思いあがったマスコミ »