« どうして銀行は中小企業向にお金を貸してくれないのか | トップページ | 文書の保管やファイリングでやってはならないこと2つ »

2010年6月13日 (日)

iPadのどこがいいのか

iPadは何故みんなが注目するのでしょうか。iPadとは一体何者でしょうか。

テレビでは、PCとスマートフォンの中間がiPadだと紹介していました。PCとスマートフォンの両方の機能を併せ持っているということでしょうでしょうか。ちょっと納得できません。

以前、テレビで、スマートフォンは一言で言うと、携帯電話とPCの中間だと紹介されていました。その時は納得しました。確かに携帯電話のように電話できるし、メールできる。またPCのようにOSの上にいろんなアプリケーションを走らせ、EXCELやWORDが使えたり、インターネットも使える。

だから、携帯電話とPCの両方の機能を合わせ持っていて、中間に位置しつつ両方にちゃんと手が届いています。

しかし、iPadがスマートフォンとPCの中間と言われても納得できません。大きさは丁度両者の中間かもしれませんが、機能としてはどうでしょう。PCと同じようにOSの上に様々なアプリケーションを走らせることは可能なので、PCの機能は持っているようです。でも、電話の機能はない。スマートフォンの大切な機能の1つ、携帯電話機能はないわけですから、両者の中間とは言えないと思います。

iPadとは何かを説明する方法としては適当ではない。では、どう言えばiPadの特徴をちゃんと捉えた表現になるのでしょう。ちょっと考えてみました。

私が勝手に捉えているiPadの捉え方は、「iPadは、豊富なアプリケーションの広がりが期待できる、タッチパネル型のモバイルPCである。直感的な情報端末として、生活のあらゆる場面に浸透する可能性がある。」です。

この言葉に含まれている要素は2つあります。

まず、タッチパネルであるということ。これにより、詳しく見たい個所は直接そこに触れたり、次の動作は直接コマンドメニューに触れたりすることで、デバイス(iPad)への動作指示がとってもユーザーフレンドリーです。PCの操作で、画面を見ながら次の動作を打ち込みたいとき、キーボード入力では、目的のキーを探す必要があり、マウス操作では、マウス操作をポインタに同期させる必要があるので、慣れていない人はいらいらするでしょう。

iPadでは、そんないらいらするキーやマウスを介したりせず、目で見たその箇所に直接手を持って行くことができます。普段の生活の動作をそのまま持ち込めるので、直感的であると言えます。

二つ目の要素は、豊富なアプリケーションの広がりと生活への浸透です。iPhoneやグーグル携帯も同じですが、ユーザーが自由にかつ簡単にアプリケーションを開発することができて、それを皆で使うことができる。だから、ユーザーが必要と感じているあらゆる場面で、このデバイスを活躍させることができ、或いは活躍できる機能を付加させることができるので、無限の可能性を秘めているということです。

今、iPad購入を検討している人は、この二つの要素で検討すると結論を出しやすいのではないでしょうか。

そこで、私の判断です。まず一つ目の要素であるタッチパネル。私は、画面上の選択肢から次の動作をデバイスに指示するより、文章やデータを入力することが多いので、キーボードが必須です。キーボードはキーの深度が打ちやすさの決め手ですから、タッチパネルキーボードは駄目です。

次に、豊富なアプリケーション。私は、仕事で使うことが多いので、あらゆる生活に浸透するアプリケーションの広がりは必要ありません。

というわけで、遊びならともかく、私はiPadには魅力を感じません。とはいうものの、やはりiPadは広く普及すると思います。いままでキーボードが苦手だったり、従来のPCの使用目的と関わりなかった人たちが大勢いて、その人たちが使うようになるからです。

デジタル・デバイド(デジタル機器が使えない人が使える人との間で格差が生じること)の解消に役立つかもしれません。

|

« どうして銀行は中小企業向にお金を貸してくれないのか | トップページ | 文書の保管やファイリングでやってはならないこと2つ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548369/48622929

この記事へのトラックバック一覧です: iPadのどこがいいのか:

« どうして銀行は中小企業向にお金を貸してくれないのか | トップページ | 文書の保管やファイリングでやってはならないこと2つ »