« 内閣不信任案否決は管直人氏の詐欺、鳩山氏も詰めが甘い。 | トップページ | 日銀の成長支援貸出制度は銀行が不甲斐無い証拠 »

2011年6月13日 (月)

東日本大震災、復旧か復興か、人々の思いと全体最適。

TVでは、連日東日本大震災の被災地での復旧復興の動きや活動の様子が報道されています。

そんなTVのドキュメンタリー番組の中に、被災したある地域の地方公共団体が被災をむしろチャンスと捉えて、以前よりももっと住み良い町づくりをしようと、様々な計画を検討している様子が報道されているものがありました。その計画とは、例えば規模の小さい漁港を集約して高機能高効率の漁港を造るとか、地域を開放してもっと広く資本や人材が集まってくるようにするとかということです。

非常に前向きで多くの支持が得られそうですが、意外にもこの番組に出てきた地域の方々の意見は様々で、市役所担当者はまとめるのに大変苦労していました。今回はこれについて少し考えてみます。

まず、様々な意見とは大きく括ると下の2つになるようです。

一つは、これらの復興計画に賛成する意見で、この機会に以前より良い地域を造って、従来懸案だった合理化や効率化を一気に実現したいという改革推進派。もう一つは、いやそんなところまで進めずとも以前の暮らしを取り戻しさえすればそれで十分だという現状維持意見です。

ちょっと見には改革推進意見の方が格好良くて、明るく活発で希望に胸がふくらむ印象を受け、一方の現状維持意見には「なんだ、お前ヤル気あるのか。」という批判も出できそうな感じです。知事も「復旧より復興だ。」と声高らかに宣言し、被災住民の士気を盛り上げようと頑張っていて、その姿はりりしい。私も、診断士の立場からは是非この機会により合理的な地域の仕組みを構築して全国や世界の模範となってほしいと思います。

しかし、実際に進めようとすると、地域の意見は二分され、復旧で十分だという人も相当多く簡単にはまとまりそうにありません。もう少し双方の気持ちに踏み込んでみましょう。

現状維持派はさらにこうも言っています。地域漁業を開放して、全国から大手資本が入りこみ、見知らぬ人も来るようになると自分たちの生活が脅かされそうで不安だというのです。一方、改革推進派からは、自分たちの力ではもはや復旧は困難であるから、多くの人や多額の資本に登場してもらった方が地域全体のためにはいいのではないかと、自力復旧は半ばあきらめ、むしろ自分たちの時代はもう終わったのだと思っているようなニュアンスが伝わってきました。

確かに、現状維持派は不甲斐ないと言われるかもしれません。しかし合理化効率化を進めて成長し、あくなき理想を追求するというのは、ストレスも高いのです。ストレスが溜まって寿命を縮めるかもしれません。

それより、多少非効率でも今までの仲間と、慣れてこなれた方法で生活し、わいわいとにぎやかに過ごして、心を豊かにする方が幸せなのです。現状維持派はそんな平穏な生活を自分たちの力で取り戻すことが必ずできるのだと信じているのだと思います。

このようにみると、ちょっと見には明るく活発に見えた改革推進意見が、むしろ暗い残念な空気が感じられるのです。どうやら、改革推進意見には活発で前向きな動機と、暗くあきらめの動機の2派があるようです。そして活発な前向きな動機は、県庁や市役所などに多いようです。

とかく為政者は、自分たちが地域の設計をしいるのだからとの気負いがあり、個別の生活を捨象して全体に括りつけようという傾向があるのではないでしょうか。全体最適という言葉があります。個別の事はそれぞれ素晴らしくても、それが突出して全体とのバランスがとれていなければ、全体として最適な状態とは言えないということで、全体最適を優先してこそ個別の意義があるということになります。

当然ですが、市役所は「市」全体を良くしようとします。しかし、「市」は「県」から見ると部分であり、その「県」もまた「国」から見ると部分になってしまいます。全体は常に部分であり、部分は常に全体でもある。そんな関係の中では、全体最適という言葉がなんだか虚しく感じられませんか。

ただ、どの全体も分割していくと最後は個人に行きつく。つまりどの全体も個人が形成しているということをいつも念頭に置いておかなければなりません。

普段の生活に豊かさを見出してきた人たち、移ろう無常の世を受け入れて静かに退く人たち、過去から学んで実践しよう敢えてストレスを好む人たち。それぞれの個別が自立しながら生き、協調していく中から長時間かけて一人ひとりの幸せを造っていくことも大切なのかなあと思います。

全体か個人かという問題は、その時々によって結論は異なりますが、どの場合でも、この議論の切り口は忘れてはならないということではないでしょうか。

|

« 内閣不信任案否決は管直人氏の詐欺、鳩山氏も詰めが甘い。 | トップページ | 日銀の成長支援貸出制度は銀行が不甲斐無い証拠 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548369/51937912

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災、復旧か復興か、人々の思いと全体最適。:

« 内閣不信任案否決は管直人氏の詐欺、鳩山氏も詰めが甘い。 | トップページ | 日銀の成長支援貸出制度は銀行が不甲斐無い証拠 »