« 福島第一原子力発電所事故に対する政府の対応への批判 | トップページ | 東日本大震災、復旧か復興か、人々の思いと全体最適。 »

2011年6月 3日 (金)

内閣不信任案否決は管直人氏の詐欺、鳩山氏も詰めが甘い。

6月2日午後、衆議院で内閣不信任案が否決されました。私は夕刻になって、インターネットのニュースを見に行ってそれを知りましたが、なんでこんなに大差で否決されたのだろうと不思議に思いました。その後、鳩山氏と菅氏の間で退陣する旨の合意が事前にあったというニュースを見て、あ~そうかと。

しかし、否決された後になって、菅氏は目途とは年明けのことだと言いだし、鳩山氏はそれは嘘だと批難しました。

今、退陣とか続投とか言っている場合かという議論は置いておいて、この事についてだけ一言申し上げますと、状況からみて、これは菅氏の詐欺行為だと思います。そして一方の鳩山氏は詰めが実に甘いというほかありません。

まず、菅氏についてですが、不信任案が提出されて、おおかたの世論も菅首相は駄目と言っている中でのぎりぎりの交渉なのですから、つきつけられた書面は仮に辞任の二文字がなかったとして退陣の条件であることは明らかなはずです。それを条件ではないとか、目途とは落ち着くことだとか解釈の余地を残しておき、「不信任案否決」という自分の利益が確定してから、言いだすのはあまりにも卑怯な手口としかいいようがありません。

そんな彼の対応は、「自分にはやらねばならぬことがある。それを周囲や愚かな国民は理解していない。今は卑怯者の謗りを受けても、いつか歴史が必ず自分を評価してくれるはずだ。」という思い上がりが見えてきそうです。

菅氏が総理大臣として無能か有能か本当のところはわかりません。マスメディアを通じた記事でしか知りませんから。しかし、この事に関する限り、少なくとも好きにはなれません。単なるパフォーマンス男にしか見えないのです。

昔、管氏は市川房江氏に師事していました。管氏は市川氏の信頼する右腕だったはずですが、その市川房江氏が管直人氏を裏切り者と呼んだそうです。信頼された市川氏を裏切ったからですが、あの市川房江氏をして裏切り者と呼ばせるほどですから、根っからの詐欺師だったのかもしれません。

さて、一方の鳩山氏はどうかというと、これは詰めが甘いとしかいいようがありません。新聞には、例の書面が載っていましたが、読むと「課題がたくさんあるから頑張ってくれ。」と励ましているように読めます。辞めてくれとはとても読めません。退陣については、口頭で話をつけ、その条件として出したということですが、条件にも見えないのです。鳩山氏としては、仮にも総理大臣である菅氏に対して書面で退陣や辞任が読み取れるようなものを出すのははばかれたのでしょうか。辞任や退陣の文字をさけたいとしても、例えば「別途合意した内容の条件として・・・」とか、「期限として・・・」とか、いろいろあったと思います。

相手が拡大解釈する余地がたくさんあるのを承知しながら、自分は自分の役割をきちんと果たしたと言おうとしても、自分で自分にうそをついているようなものです。なんだか普天間基地の問題への対処方法を思い出しませんか。

結局、菅氏にしても鳩山氏にしてもこんなに議論が残る形で行われた「不信任案の採決」ははたして有効なのでしょうか。民法でも、詐欺による意思表示は取り消されうるようです。

【参考~WIKIPEDIAから】

他人を欺罔(ぎもう:人をあざむき、だますこと)をして錯誤に陥れること。詐欺による意思表示は、その意思の形成過程に瑕疵があるため取り消し得るものとされる(民法第96条)。

|

« 福島第一原子力発電所事故に対する政府の対応への批判 | トップページ | 東日本大震災、復旧か復興か、人々の思いと全体最適。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
松崎と申します
真っ当なコメントでいらしたのでプロフィールを拝見したら
共通点が!三田の10年先輩!
菅さんは最低です。
家族内でも結局「左」の人たちのほうが権力闘争好きだし
信用ならないとまとまっております。
(妻は比較的左な津田塾ですが)
ですが鳩山さんの甘さは当然指弾されるべきでしょう。
甘すぎ。
これからも流麗なコメントご期待申しあげます。
松崎 拝

投稿: 松崎浩範 | 2011年6月 4日 (土) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548369/51846673

この記事へのトラックバック一覧です: 内閣不信任案否決は管直人氏の詐欺、鳩山氏も詰めが甘い。:

« 福島第一原子力発電所事故に対する政府の対応への批判 | トップページ | 東日本大震災、復旧か復興か、人々の思いと全体最適。 »