« 復興の特区活用はどうするか | トップページ | 原発再稼働で発揮された菅総理の実行力とは、ストレステストとは »

2011年7月 7日 (木)

松本復興相の発言は中身があるわけではない。ただ威張りたいだけ。

松本復興相が理由を明らかにしないまま辞任してしまいました。理由を明らかにしませんでしたが、被災地での発言に対する世論の反発がなければ辞任することはなかったでしょうから、発言に起因していることは明らかでしょう。

ニュースの映像を見ると、やはりひどいなあと思います。「ひどいなあ」との感想に至るまでの思考回路を、ちょっとほどいてみましょう。

まず、彼の発言内容についてです。長幼の序についての発言内容は置いておいて、それ以外の内容について言葉づかいを変えて書いてみましょう。

A    「知恵をださないやつは助けてやらない」を言い換えると・・・
復興は大変な仕事です。ですから、一人一人が自分の事としてしっかり受け止め、みんなが知恵を出し合ってしっかり議論していくことが大切です。そんな中で一人でも、誰かが考えてくれるだろうなんて思う人が居れば、復興事業は成り立ちません。それぞれが自分の力を出し切って全力で取り組んでいきましょう。

B   「県でそれはコンセンサスを得ろよ。そうしないと我々は何もしないぞ。」を言い換えると・・・
漁港の集約化については、意見の対立があるようですが、復興相からお示しできるのは特区として対応できるものの基準です。復興相が個々の案件にひとつひとつ踏み込んでいくことは難しいので、そこは県が中心になって冷静な意見交換を主導して結論を得てください。出た結論に対しては復興相として最大限の支援をするつもりです。

どうでしょう?いずれも間違っていません。しかし「正しい」として評価するほどのものかというとそうでもない。むしろごく当たり前のことであって、真剣な議論の末にやっと見出した復興省の意思決定といったような価値あるものには全く見えません。わざわざ東京から被災地を訪問して伝えなければならないようなことでもないような気がします。よくあさはかな社長が朝礼で毎日繰り返していう訓示の水準です。

そんな価値のない内容の事を、松本氏はなぜ威圧的な口調で言ったのでしょう。

2つ考えられます。ひとつは、中身のない事だから威圧的に言わないと大臣の発言として重みがなくなると思った。もうひとつは、ただ威張りたかった。だから発言の中身などどうでもよかった。

私としては、両方だと思います。とくに威張りたい人は、多くの人が見ていればいるほど、そのパフォーマンスは大掛かりになる傾向があります。まさにこの場合、TVカメラがそこにあることを知っている松本氏は、マスメディアを通してより多くの人に自分の威厳ある姿を見てもらえると思ったのです。

類は友を呼ぶと言います。訳もなくどなりちらして威張って見せる管総理大臣が組んだ人事だから、同類が集まるのでしょう。かれらは被災地が復興しようがしまいがそんなことは知ったことではありません。復興事業が派手なパフォーマンスとして利用できるから復興に取り組むのです。彼らはただ威張りたいから政治家になったのです・・・・・。なんて、本当はそうではないかもしれなくても、そんな風に思ってしまいました。

だから、「ひどいなあ」という感想になったのです。

|

« 復興の特区活用はどうするか | トップページ | 原発再稼働で発揮された菅総理の実行力とは、ストレステストとは »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548369/52140483

この記事へのトラックバック一覧です: 松本復興相の発言は中身があるわけではない。ただ威張りたいだけ。:

« 復興の特区活用はどうするか | トップページ | 原発再稼働で発揮された菅総理の実行力とは、ストレステストとは »