« ドラッカー「マネジメント」サブノート、第28章(全61章) | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2012年1月末現在) »

2012年1月31日 (火)

介護福祉士国家試験、インドネシア等外国人の受験ハンディをどうするか

NHKのニュースで、介護福祉士資格試験を受けるインドネシア人の様子が報道されていました。

2012年1月29日に、介護福祉士の国家試験が行われ、日本と経済連携協定を結んだインドネシアから来日している96人がこれに挑戦したそうです。

経済連携協定に基づいて来日し、日本で介護福祉士として働くためには、4年以内にこの国家試験に合格しなければならないそうですが、3年の実務経験が必要という条件がついているので、受験機会は実質1回しかありません。

ニュースによれば、介護福祉士の合格率は全体で50%なのに、外国人の場合はわずか2.7%にとどまっているとのことでした。原因は主に言葉のハンディにあるようです。主催者側では言葉のハンディを緩和するために、難しい漢字にふりがなをふったり、英語を併記するなどの工夫を凝らしたりしているそうですが、この程度で日本人とのハンディが埋められるとはとても思えません。

せっかく高い志をもって来日し、一生懸命勉強したのに、大半の人がこのばかばかしいハンディのために志を全うできずに断念して帰国してしまうのは、実に気の毒です。

実際の介護福祉の仕事については、よく知りません。しかし、よくテレビで映される介護の現場を見ると、知識も大切ですが、実際の介護には、相手の気持ちを思いやる真心や仕事への取り組み姿勢、隅々まで気配りができるキメの細かさなど行動面の方が大事ではないかと思います。その点、東南アジアから来日した実習生は実によくこれに対応し、言葉はたどたどしいけど、真心と熱心さが伝わって、お年寄りたちも心から感謝しているようでした。

こんな場面を見ると、この試験にはもっと工夫が必要なのではないかと、思います。

例えば、以下のような方法はいかがでしょうか。

つまり、

  ・ 来日した日から始まる実地研修で、指導者が毎日個人別に習得ポイントを与える。

  ・ 習得ポイントは参加して自分でやってみることを最低条件として、行動の様子を指導者が共通の基準に沿って評価し、その程度によって加減する。

  ・ 介護するお年寄りからの評価も加算する。

  ・ こうしたポイントを数年間積み重ね、累積ポイントを筆記試験点数に加算する。筆記試験の配点はウエイトを小さく、累積ポイントの配点を大きくする。

どうでしょう?こうすれば、介護の現場において、より重要と思われる行動面評価がきちんと反映されることで実力本位の判定ができ、筆記試験での言葉のハンディも小さくできます。また、累積ポイントは本人にも随時知らせることによって、運命を左右する一発勝負の試験の弊害をなくして、人生設計しやすくもなります。

国家間の経済連携協定は、双方の利害が真っ向からぶつかりあうので、締結に至るまでが非常に大変です。せっかく苦労して締結した協定ですから、実際の効果もちゃんと出せるようにしてやるべきではないでしょうか。

|

« ドラッカー「マネジメント」サブノート、第28章(全61章) | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2012年1月末現在) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548369/53865703

この記事へのトラックバック一覧です: 介護福祉士国家試験、インドネシア等外国人の受験ハンディをどうするか:

« ドラッカー「マネジメント」サブノート、第28章(全61章) | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2012年1月末現在) »