« 女子柔道の園田監督、体罰は指導に効果を発揮するか | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2013年2月末現在) »

2013年2月12日 (火)

ドラッカー「マネジメント」サブノート、第60章(全61章)

60.   成長のマネジメント

(1)   成長は痛みを伴う

  組織の成長は緊張や痛みを伴い、ある時点で自己変革が求められる。

  IBMは、そのいい例である。

a.  1950年頃のIBMは中堅企業だった。

b.  コンピューターが誕生して成長のチャンスが訪れた時、創業者CEOのワトソンは、主力のパンチカード事業の足を引っ張ることを恐れ、二の足を踏んだ。

c.   ワトソンはこれを変えようとはしなかったが、司法省反トラスト局による「パンチカード事業を独占」の告発をきっかけに、退任させられ、新たな経営体制となったことで、このチャンスを掴み、コンピューター業界のリーディング企業へ躍進した。

(2)   成長の必要性

  高成長企業は遠からず深刻な危機に直面する。

a.  1950年代、経済界は成長信仰が起こり、多くの企業が成長神話の虜になった。

b.  しかし、多くの企業が謳う10%の成長を遂げたら、たちまち経営資源を食いつくす。

c.   長期にわたって高成長を続けるのは、むしろ不健全で、適切なマネジメントが不可能になり、わずかな失敗が危機につながる。

  成長産業もyはり危ない。

a.  成長産業では新しい経済活動を大がかりに繰り広げる余地が大きいので、参入企業はおしなべて業績が良い。

b.  そこへ多くの企業が殺到し、ほどなく、競争が激化し、淘汰が進む。

  従って、成長そのものをゴールと見なすのは誤り(規模の拡大そのものには意味がない)、よりよい企業を目指すべきだ。健全な成長は、正しい行いをした結果であるはず。成長事態を目指そうというのは虚栄心の表れでしかない。

(3)   公的機関の成長

  公的機関は、予算が重視されており、大勢の人材と多額の予算を確保することが大きな成果と見なされている為(12章)、成長熱にうなされている。

  しかし、忙しくしてさえいれば成果があがっていると思い込む傾向を反省し、トップ層を組織化して、組織の複雑化に注意を払い、成長をマネジメントしなければならない(13.14章)。

(4)   生き残るための成長

  成長信仰は終わったが、これからも企業は成長を目標にせざるを得ない。経済成長が止まると、成長できない業界や企業は衰退するほかない。このようなときこそ、生き残るため、成長プランを立て、マネジメンとするための戦略が求められる。

  とはいえ、今後は成長の中身が異なってくる可能性がある。

a.  成長の軸が製造業から知識産業に移行する。

b.  環境を守る必要性も高まる。

(5)   成長目標の必要性~経営層は次のような成長目標を持たなくてはならない。

  最低限でもどの程度の成長が必要かを検討しなくてはいけない。

a.  企業が生き残り成長するためには、市場で相応の地位を占めなければならない。

ž 市場が拡大しているなら、共に成長するため、必要最低限の成長率は高い。

b.  規模ではなく、経済成果の尺度を持つ。(経済や社会への貢献度、経営資源の生産性、収益性など)

  最適な成長率を見極めなくてはいけない。

a.  経営資源の投入はリスクを伴う。

ž リスクを高めずに利益率を向上させる水準、リスク逓減させて生産性を押し下げ、市場での地位が危うくなる水準を見極める必要がある。

b.  企業の成長目標は最大値ではなく、上記の最適値を上限とすべきだ。

ž 最適値を上回るのは好ましくない。最適値を超えて成長すると、生産性を下げてまでも市場シェアを拡大させることになり、これは不健全だ。

(6)   成長に備える必要性 ~チャンスが訪れたときのために次のような備えが必要。

  たゆまぬ学習を重んじる風土を醸成しなくてはいけない。(会社の成長は人材の成長と切り離せない)

  資金計画。(緩やかに成長しただけでも、すぐ従来の財務基盤では不十分になる)

(7)   成長をコントロールするのは経営層である ~経営層は、成長に備えて次のステップを含む必要がある。

  経営チームを育成する

a.  中小企業が成長を目指す場合、いずれワンマン経営は通用しなくなるので、それに備えて経営チームを設けておく。

b.  重要活動の中には、トップが不得手とするものをあるから、適材に任せる。

  兆候を察知する

a.  変革の時期が来ても、トップは必ず理由をつけて先送りしようとするが、

b.  基本方針、組織、行動様式等を改める必要が生じているかをいち早く察知して、着手しなければならない。

  変革を望む自分の本心をたしかめる

a.  最低限の成長さえ実現できていれば、それ以上に大きくなろうともがく必要はない。

b.  会社にまちがいなく成長力が備わっているか考え抜く必要がある。

|

« 女子柔道の園田監督、体罰は指導に効果を発揮するか | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2013年2月末現在) »

「マネジメント」(ドラッカー)のサブノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548369/56747671

この記事へのトラックバック一覧です: ドラッカー「マネジメント」サブノート、第60章(全61章):

« 女子柔道の園田監督、体罰は指導に効果を発揮するか | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2013年2月末現在) »