« 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2013年7月末現在) | トップページ | 「事業再生の現場プロセス」は事業再生の本質論 »

2013年8月11日 (日)

Surface Proを使ってみた感想

 

すいぶん前に、iPadが出たときに思いました。これのWindows版があればなあ・・・・と。

 

営業のツールとして使っている企業も出てきて、法人向けの販売も盛んになっていましたが、私としては「いまいち」。Macを統一機種として導入している企業はともかく、Microsoftで動いている企業がiPadを業務ツールとして導入していったいどうするのだろうと不思議でした。実際、Windowsで作った資料などをiPadで走らせようとしてもうまくいきません。だからWindowsのタブレレットが早く見たいなあと思ったわけです。

 

 

 

でも、昨年Windowa8を乗せたタブレットが出回った時、すぐには飛びつきませんでした。すでに話題になっていたMicrosoft自前のハードを選択肢の中に入れてから選びたかったからです。それから半年後の20133月、Surface RTが国内で販売開始されました。それにもとびつきませんでした。タブレットとしてもPCとしても使いたかったからです。RTではやはり物足りない。

 

 

 

で、ようやく20136Surface Proの国内販売が開始されました。さあ、これで選択肢が揃った。さっそく横浜駅前の量販店におもむき、Surface Proを実際に手にとってみてから、どれにするか吟味。

 

· ソニーはPCとしてのスペック十分でモニターをスライドさせてタブレットにできるが重い。

 

· Panasonic360度回転させてタブレットにするタイプ。これもPCとしてのスペックは十分だが、大きくて重く、高い。

 

· おもしろかったのは、Dell。PCのようにモニターを開くが、モニターの枠の中を押してクルッと回転させると表と裏がひっくり返る。枠を綴じると、モニター画面が表を向いてたためるのでタブレットとして使える。PCとしてのスペックもまずまず。

 

· 富士通は、完全にタブレット。だが、ドックに納めるとPCとしてキーボードを使える。

 

· 迷ったのは、Acer。小型PC(10.6インチだったかな)で軽い。モニター部分をカチッとはずすとタブレットに早変わり。軽いし、安い。でもスペックはいまいち。ただ、外で使うならこの程度のスペックでもOKかな・・・と。

 

 

 

さて、くだんのSurface Proはどうでしょうか。スペックは十分。大きさは10.6インチで持ち出し用としてはてごろ。キーボートは磁石でくっつく。Officeがついて約10万円と安い。結局、さんざん待った時間を無駄にしたくなかっという妙な意地もあって、この日Surface Proを買って帰りました。

 

実際に使ってみてどうか。

 

 

 

· 少し重たいが、立ったままでもタブレットとして持てる。30分くらいなら腕が痛くならずに使えるのではないでしょうか。

 

· キーボードは、タイプカバーを使っています。薄くて頼りなくみえますが、電車で膝の上に置いても十分打てます。私は電車で座るときはいつも鞄を膝の上に置くのですが、その鞄の上に置いても全くキーインに支障ありません。

 

· タイプカバーキーボードは、磁石で装着するタイプなのでもぎ取る感じで簡単にはずことができます。装着するときは、磁石部分を近付けると、バチッとくっつき合い、その感じがまた、痛気持ちいい。

 

· 起動がはやい。

 

· 自宅のWindowsデスクトップで作ったデータも確実に走ります。先日は自宅で作ったPPTファイルをSurfaceで走らせ、プロジェクターにつないで映し、2時間のプレゼンを支障なくこなすことができました。

 

· Officeはもちろんですが、それまで自宅デスクトップで整理していた名刺も、「やさしく名刺ファイリング」をデスクトップからアンインストール、Surfaceにインストールして、そこで名刺を管理してます。Surfaceは毎日鞄にいれて持ち歩いていますので、数千枚ににもわたる名刺箱を持ち歩いているようなもの。

 

· インターフェイスに、USBポートが用意されているので、そこからいろいろできます。LANケーブル、マウス・・・・。大型モニターとキーボートにつなげればデスクトップとしても遜色なくつかえる。CPUは、Corei5

 

· スケジュールはOutlookに集中しています。これで、携帯電話がWindowなら持ち分ないのですが、残念ながら、今は・・・。2年縛り。ドコモに聞いたら当面Windows-Phoneの予定はないとのこと。

 

 

 

しかし、メリットばかりではありません。

 

 

 

· バッテリーが4~5時間程度しかもたない。私の場合は4時間もあれば十分ですが、なかにはそれでは足りないという人もいらっしゃるでしょう。

 

· 重量は900グラムくらいで、片手で1時間持つのはつらいかもしれません。私はそんなニーズありませんが。

 

· アプリがiPadやアンドロイドほど沢山揃っていない。でも、私は、タブレットでゲームをすることはありません。スケジューラーだって、10002000もある中から選ぶつもりはありません。そんな時間ないもの。既存のWindowsのアプリケーションで十分です。

 

 

 

というわけで、使い始めてから2ヶ月。私は重宝しています。

 

|

« 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2013年7月末現在) | トップページ | 「事業再生の現場プロセス」は事業再生の本質論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

Surface Proを使ってみた感想: とかるやのブログ

投稿: nfl jerseys wholesale supply | 2013年8月30日 (金) 09時11分

Surface Proを使ってみた感想: とかるやのブログ

投稿: wholesale jerseys free shipping | 2013年9月 1日 (日) 21時01分

Surface Proを使ってみた感想: とかるやのブログ

投稿: Cheap NFL jerseys Wholesale | 2013年9月 3日 (火) 06時44分

Surface Proを使ってみた感想: とかるやのブログ

投稿: wholesale nfl jerseys authentic | 2013年9月 4日 (水) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548369/57971427

この記事へのトラックバック一覧です: Surface Proを使ってみた感想:

« 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2013年7月末現在) | トップページ | 「事業再生の現場プロセス」は事業再生の本質論 »