« STAP細胞と小保方氏の研究姿勢、一連の報道姿勢、世論。 | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2014年4月末現在) »

2014年4月14日 (月)

原発、汚染水問題は事故か。テロ対策はどうか。

福島第一原子力発電所でまた汚染水の問題が発覚しました。本来送られるべきではない場所にあやまって汚染水が送られてしまったという問題です。普段稼働してないポンプが動いてそちらに汚染水を送り出したのが原因だそうですが、何故ポンプが動いたのかは調査中とのこと。

NHKの報道によると、以前の汚染水漏えい問題で、当時原因とされた弁の解放もそれがなぜ解放されたのかいまだにわかっていないとのことです。

異常事態での管理であるから間違いが起こりやすいということもあるのかもしれませんが、これほど続くと、これらの事故が本当に事故なのかどうか疑いたくなります。一般の企業でも、何かトラブルが発生すれば、様々な手を尽くし、同じ原因で起こるトラブルはもちろん、その周辺で新たに想定できる原因もなんとか取り除こうとします。それが、注目されている原発となるとみな必死に対処するはずでしょう。そんな中で続くトラブルや事故は極めて不自然であると言わざるを得ません。だから、もっと疑いの範囲を広げていろんな可能性を追求すべきでしょう。

具体的には、単に意図しないミスという観点からだけでなく、社内や出入り業者の中の悪意を持った極端な思想家や日本を内部から崩壊させようと企む海外のテロ組織などの可能性も対象とした調査を進めるべきだし、そういう疑いがあることを報道すべきだと思います。

|

« STAP細胞と小保方氏の研究姿勢、一連の報道姿勢、世論。 | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2014年4月末現在) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548369/59470547

この記事へのトラックバック一覧です: 原発、汚染水問題は事故か。テロ対策はどうか。:

« STAP細胞と小保方氏の研究姿勢、一連の報道姿勢、世論。 | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2014年4月末現在) »