« 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2014年8月末現在) | トップページ | 調査捕鯨は正当化できるか、IWC総会 »

2014年9月11日 (木)

アップル・ウォッチはiPhone6のアクセサリーとして価値あり

日本経済新聞の911日付朝刊は、アップルが発表したアップル・ウォッチを「想定内の革新」と評していました。まるで想定内なら革新とは言えないかのような書きぶりです。商品の価値は皆があっと驚く想定外の奇抜性で測ることはできません。あっと驚いたけどユーザーのニーズに合致して定着しなければただの話題で終わってしまいます。

 

昔、日本の時計メーカーが手で触ると時刻が表れる腕時計を作って売りました。普段はのっぺらぼうの文字盤が、触ると時刻がデジタルで表れるしかけになっていました。皆あっと驚きましたが、あっという間に店頭から消えました。わざわざ手で触れなければ時刻が分からない腕時計なんて誰も欲しくはなかったのです。

 

私は、以前から腕時計型の端末があればいいなあと思っていました。昔のボタン露出型携帯はとっても軽いのでワイシャツのポッケに入れていました。だからブルブルだけでも、かかってきた電話やメールにすぐ気付きます。それがパッタン型の折りたたみ携帯になってワイシャツのポッケに入らなくなり、それがスマートフォンになってさらに重たくなったので、鞄の中に入れるようなると、電話がかかってきてもメールが届いてもぜんぜん気付きません。「いくらかけても全然電話にでない!」と娘にしかられます。仕方なく、大きな着信音量を最大にすると、今度は「着信音が鳴るなんてダサい!」と言われてしまいました。ブルブルが肌に近いところで感じることができれば問題解決します。肌に近くいつも目に入る場所に、鞄の中のスマート・フォンの出先機関として、本体の状態を知らせるとっても軽いデアイスがあればいいのです。そう。腕時計がいい。

 

腕時計型デバイスは私のニーズを満たすものでした。だからアップル・ウォッチには着信信号以外にびっくりするような機能は不要です。いろいろなものをゴテゴテくっつけるよりよほどスマートです。

 

考え見ると、携帯電話はどうして大きくなってきたのでしょう。それは電話にPCに匹敵する機能を要求したからです。PCに匹敵する機能を備えても、小さなディスプレイで小さなパネルタッチキーボードでは使えません。やはり大きくする必要があったのです。そして大きくなれば、PCの状況を知らせる軽くて小さな出先機関が必要になる、アップルが大画面のIPhone6とアップル・ウォッチを同時に発表したのにはそれなりの必然性があったのではないでしょうか。つまり、アップル・ウォッチはiPhone6のアクセサリーとの位置付けです。

 

|

« 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2014年8月末現在) | トップページ | 調査捕鯨は正当化できるか、IWC総会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548369/60300074

この記事へのトラックバック一覧です: アップル・ウォッチはiPhone6のアクセサリーとして価値あり:

« 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2014年8月末現在) | トップページ | 調査捕鯨は正当化できるか、IWC総会 »