« アップル・ウォッチはiPhone6のアクセサリーとして価値あり | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2014年9月末現在) »

2014年9月18日 (木)

調査捕鯨は正当化できるか、IWC総会

 

昔、給食に出てきた「クジラの竜田揚げ」は好きでした。酒のつまみに食べる「クジラのベーコン」もとってもおいしい。昔のようにクジラが食べられるようになるならとても嬉しく思います。しかし、そう簡単にはいかないようですね。クジラだけでなく、食べたいものの捕ることを正当化する必要があるとき、「食文化」という言葉がよく聞かれます。この言葉は誠に都合が良い。文化や文明は守らなければならないという意識が誰にでもあり、それは尊重されるからです。

 

しかし、世界中の鮪や鯨や鰻を捕ってきて食い散らかすことはもはや「守る」域を超えているように思えます。資源が自然のサイクルを循環しながら維持できる範囲でそのおこぼれをもらって生きていくのが自然と共存する人間の生き方だと思うのです。ニュージーランドではクジラは自然観賞の資源なのかもしれない。それを日本から出かけて行って捕ってくるのは彼らにしてみれば理不尽です。世界のどの地域においてもクジラを捕ることを許さないという反捕鯨主義者にはくみしませんが、クジラの食文化を守るなら日本の周りだけで済ませておいた方がいいのではないでしょうか。

 

IWC総会では日本が不利な戦いを強いられている報道が目立ちます。日本人としてはやりきれない思いですが、調査だけなら殺す必要はないという意見にも一理ある。また、クジラの店頭販売は、調査のために奪った命を無駄にしないといえば美しいが、現象面で捉えるなら明らかに商業ベースに乗っています。なによりも、こんなに反対にあっていて、国際的な日本の評判を落としてでもクジラを食べる必要があるのでしょうか。しかも遠くまで出かけて行って・・・・。そもそも、捕鯨の目的が調査だというなら、調査結果が価値ある研究成果として発表されているのでしょうか。報道されていないだけなのでしょうか。日本側の交渉論点が説明されていないので、さっぱりわかりません。

 

金にものを言わせ、食欲にまかせてむさぼるのはみっともない。

 

|

« アップル・ウォッチはiPhone6のアクセサリーとして価値あり | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2014年9月末現在) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548369/60336988

この記事へのトラックバック一覧です: 調査捕鯨は正当化できるか、IWC総会:

« アップル・ウォッチはiPhone6のアクセサリーとして価値あり | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2014年9月末現在) »