« 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2015年5月末現在) | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2015年6月末現在) »

2015年6月19日 (金)

PCのOutlook予定表をAndroid携帯と同期

 

Windows8.1Outlook2013予定表を、Android携帯で使うカレンダーと同期させるのに結構苦労しました。

 

 

 

予定表は自己行動管理の基本。もともとは、革表紙のシステム手帳A5サイズを使っていました。40歳くらいの頃からですから1995年前後から15年くらいでしょうか。そのうち、いわゆるスマホが出回るようなった初期のころ、サッカーの中田英寿がCMしたWindows Phoneを買って、カレンダーアプリにも予定を入力するようになりました。

 

 

 

結果、自宅PCOutlook予定表、手書きのシステム手帳、Windows Phone・・・、さらには会社のスケジュール表と、いくつもカレンダーができ、予定ができる都度、それらに手書きしたり、入力したりと、とっても面倒なことになったのです。それでも、携帯がwindowsだったので、同期は自然でした。手書きのシステム手帳は予定表というより、タスク管理や企画アイディアメモといったことに使うようにして、なんとなく各メディアの棲み分けができていて、それなりに満足していました。

 

 

 

ところが、その後Windows Phoneが店頭から消え、新たな道具としてタブレットが普及するようになりました。タブレットの使い道は人それぞれですが、僕の場合、手書きのシステム手帳をタブレットに置き換えるニーズにピッタンコ。ただ、iOSAndroidというわけにはまいりません。自分の活動や仕事は全部WindowsOfficeだからです。

 

 

 

Surfaceが出るまで待ちました。

 

 

 

さて、Android携帯、Surface(Windows8.1,Outlook予定表)、自宅書斎のデスクトップPC(Windows7,Outlook2013)をどうやって連携させるか。IT素人の僕には難題ですが、あちこち調べ、あれこれ試行錯誤してなんとか実現できました。その方法は・・・・

 

 

 

Windows PCOutlook2013予定表とAndroid携帯のカレンダーを同期させる方法】

 

 1. 考え方 : Outlook2013予定表のデータとAndroid携帯カレンダーのデータをWeb上のOutlook.comを仲介して自動的にやりとりする。

 

 

 

 2. 手順

 

 (1) 仲介するOutlook.comを準備する。

 

  Microsoftアカウントを作って、Web上のOutlook.comを使えるようにする。

 

  アカウントに登録するメールアドレスは、XXX@outlook.comとかのWebメールにしなければならない。Microsoftアカウントのサイイン画面で新規取得可能。

 

     ③ Outlook.comにもカレンダーがあるが、これはとても使い勝手が悪い。やっぱり手元はOutlook2013予定表(Outlook.comOutlook2013は名前が似ているので混同しないように注意)。

 

  しかし、この使い勝手が悪いOutlook.comカレンダーが仲介役となる。つまり、Outlook.comカレンダーとOutlook2013予定表をまず同期させるということ。その手順は(2)

 

 

 

 (2) Outlook2013予定表とOutlook.comの同期

 

  PCOutlook2013予定表を開いて、ここにOutlook.comのアカウントを登録する。登録するのは、さっき作った.XXX@outlook.com

 

  Outlook2013左上の「ファイル」→「アカウントの追加」→XXX@outlook.comを入力し、手動設定を選んで「次へ」。

 

  Outlook.com・・・・と互換性のあるサービス(A)を選択して「次へ」。

 

  サーバー情報のメールサーバーには,「m.hotmail.com」と入力。

 

    ⑤ これで画面には、「予定表Outlookデータファイル」と「予定表XXX@outlook.com」の2つの予定表ができる。前者ローカル、後者はOutlook.comとつながっている。

 

  旧予定表(予定表outlookデータフィル)の各予定を新予定表(予定表XXX@outlook.com)に移すには、少なければ、予定表を2つとも表示サセテドラッグ・ドロップ、多いなら、Outlool.comからインポートする。

 

 

 

 (3) Android携帯カレンダーとOutlook.comの同期

 

  使いたいカレンダーアプリを開いて、Outlook.comのアカウントを追加する。ジョルテは月間料金¥300が必要なジョルテ・プレミアムじゃなければ登録できないと表示されたので、「Sプランナー」でやってみる。

 

  カレンダーからアカウント追加→Microsoft Exchange Active Syncを選択して、内容を入力する。

 

  同期ボタンを押すと、あ~ら不思議、Outlook2013の予定が全部Sプランナーに表示されるではないか。

 

 

 

当然新規の予定は、Outlook2013からでもAndroidカレンダーからでも登録可能です。また、Outlook2013は自宅PCでも、SurfaceでもOK。これで、3者めでたく同期とあいなりました。

 

 

 

それにしても、Webメールのなんたるかを理解していない僕でしたから、随分と苦労しました。あとは、データ通信料金が安くなるのを待つだけです。おしまい。

 

|

« 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2015年5月末現在) | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2015年6月末現在) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548369/61766150

この記事へのトラックバック一覧です: PCのOutlook予定表をAndroid携帯と同期:

« 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2015年5月末現在) | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2015年6月末現在) »