« 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2015年6月末現在) | トップページ | 新国立競技場の非常識な整備計画と義理人情にまみれた芸術的判断の愚かさ »

2015年7月 6日 (月)

ギリシャのユーロ離脱効果は?

ギリシャの国民投票では、緊縮財政への賛成論が増えて両主張拮抗するようになったという事前の世論調査結果を大きく裏切り、「緊縮財政拒否」が圧倒的多数をしめて、明確にギリシャ国民の総意として確認されました。これは良識ある選択なのか、それとも衆愚の反映なのかというと、難しいところですが、これによってユーロ離脱の可能性が高まったことは確かなようです。

ただ、ユーロ側はギリシャの離脱を認めることはないでしょう。離脱のメリットはむしろギリシャ側にあるのではないかと、僕は思います。

まず、ギリシャにとってユーロ離脱はどのようなメリットとデメリットをもたらすか。

短期的なメリットとしては、離脱によって独自通貨(かつての「ドラクマ」かな)を発行でき、金融政策面で一定の自由度を奪回することができることです。一方、デメリットは、財政支援が受けられなくなることです。

しかし、金融政策上の自由度を得ることによって、財政政策と整合的な経済政策をとることができ、いままで不自由であった金融政策を財政で補わざるを得なかった状況と比べると財政負担は少し軽減されるのではないでしょうか。もっとも、それが他からの財政支援分の全てを補完できるかというと、そうは簡単ではありませんが。

大事なのは長期の視点です。結局、ギリシャは国政において自分の足でしっかりと自律していく道しかのこされません。その面で国民一人一人の建国意識と結束が深まる可能性があります。短中期的には、相当の痛みを伴うが、長期的には充実して幸せになるのではないでしょうか。

ユーロ側はどうでしょうか。

メリットは、蟻地獄のような財政支援の負担から解放されることでしょう。もっとも、債権放棄による相当額のキャピタル・ロスが発生しますけど・・・。一方、デメリットとしては、安価な労働力群を失うこと、圏内でのヒエラルキーを失うこと。ギリシャが居なくなればよりコンファインされた世界で新たなヒエラルキーを作りださなければなりません。相当なコストを伴います。次のギリシャが必要なのです。そして次のギリシャが同じように離脱するならまた次のギリシャというように。それは南欧諸国の全部が離脱した後も続きます。ユーロとは構造的な経済格差を必要とする枠組みだからです。

長期的には、ユーロの結束を損なうばかりか、伝統的な枠組みの中で勢力を拡大しようという目論見もはずれるのではないでしょうか。

 

|

« 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2015年6月末現在) | トップページ | 新国立競技場の非常識な整備計画と義理人情にまみれた芸術的判断の愚かさ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548369/61847967

この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャのユーロ離脱効果は?:

« 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2015年6月末現在) | トップページ | 新国立競技場の非常識な整備計画と義理人情にまみれた芸術的判断の愚かさ »