« 四半期資本主義と、持ち合い株と、トヨタの種類株式 | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2015年8月末現在) »

2015年8月13日 (木)

御巣鷹山と安全を守る思い

 

毎年、この季節になると、終戦と原爆の話題に加えて必ず報道されるのが御巣鷹山の参事です。事故が起こったその日、尾翼を破損したままロール。みな、なんとかならないものかと気をもんでいましたが、結局、必死の抵抗を試みた機長や乗組員の努力のかいなく、飛行機は御巣鷹山の尾根に激突して、520人が犠牲になる大参事となってしまいました。犠牲者の中には、歌手の坂本九さんもいました。「上を向いて歩こう」など、多くの人に頑張る気持ちと希望を届け、世の中をぱっと明るくしてくれた、国民的人気歌手でした。彼の歌にあるように、事故を悲しむだけではなく、上を向いて歩いていかなければならないのでしょうね。

 

先日、NHKのテレビ番組で、この事故に関わる人達の「今」を紹介していました。

 

一人は、機長の娘です。事故直後、機長の家族は遺体の確認さえも人目を忍んで行かなければならなかったそうです。機長は必死で対応しようとした英雄であったはずなのに・・・です。そんな辛い目に逢った彼女は、その父の思い背負って、あえて日本航空に入社しました。安全に対する思いと工夫がいかに大事なものであるかを仲間や後輩たちに諭し、指導しているそうです。

 

同じように、安全を守る方法を説いている、犠牲者の遺族も居ます。犠牲になった父は、空ではないけど、同じ交通の仕事を海の分野でたずさわっていました。揺れる機内で、一生懸命手帳に書き留めた遺書は、広く報道されたので、その無念な気持ちと家族への思いが多くの人の共感を誘いました。当然、当事者である娘の真理子さんは、それ以上に苦しい思いをしたでしょう。今、コンサルタントとしてCSRを指導するほか、安全についても熱心に説いて回っているそうです。父を亡くした辛い思いが彼女を動かしているのだと思います。

 

犠牲者遺族でも事故の関係者でもないのに、慰霊のために御巣鷹山に登る人にも焦点が当てられました。その人は神奈川県在住の会社員です。取材に応じた彼は、こう話していました。自動車会社で安全を守る技術の開発に従事している。とかく利益に走りやすい企業のなかで、安全に対する思いを新たにするために来た、と。

 

多数の犠牲を出した参事ではあったけど、この事故をきっかけに、多くの人が安全に気を配るようになり、その思いは関係者以外にも共有されてきたように思います。犠牲者を悼む気持と同時に、これからも上を向いて歩こうという気持ちの大切さを思い知りました。

 

この事故以降、日本の刻空会社は死者を一人も出していないそうです。

 

|

« 四半期資本主義と、持ち合い株と、トヨタの種類株式 | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2015年8月末現在) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548369/62075748

この記事へのトラックバック一覧です: 御巣鷹山と安全を守る思い:

« 四半期資本主義と、持ち合い株と、トヨタの種類株式 | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2015年8月末現在) »