« 中国人民元の新たな為替規制、為替予約の負担を大きく? | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2015年9月末現在) »

2015年9月 2日 (水)

中国人民元と中国の為替制度、中国の思惑と株価

 

先月、中国人民銀行が基準相場を切り下げたのをきっかけに、株が売られ、為替相場も乱高下しました。そもそも中国の為替制度はどうなっているのでしょうか。

 

ちょっと前まで、中国は事実上1ドル8.28人民元での固定相場を採用していました。それを、2005年に変更し、主要通貨の通貨バスケットを参考にして一定範囲の変動を容認する方法にしたとしています。一定範囲が小さくても、通貨バスケットを使っている限り、徐々に市場の需給で決まる均衡値に近づいていくはずですが、人民元は市場から乖離していました。本当に宣言通りの制度をその趣旨に沿って運用しているのでしょうか。

 

実は、国際通貨基金(IMF)は中国の為替制度を「類似クローリング制(Crawl-like arrangement)」に分類しています。IMFは各国が採用している為替制度を管理度合いからいくつかに分け、そのうちのどの制度に当てはまるかを国別に公表していますが、その際、各国が「自国はこうだ」と宣言する制度をそのまま公表するのではなく、事情をよく調べ、実態に即した内容に従って分類しています。実態に即した結果、中国の場合は「類似クローリング制だ」と言っているのです。

 

クローリング制とは、一定の方向を設定しておき、基準相場を定期的に変更する方法ですが、類似クローリングは変動を基準値から2%程度の範囲に収める方法です。基準値は統計的傾向値を以って決めるのですが、この統計的傾向値が曲者。思惑に沿った一定方向を想定している可能性もあるでしょう。だから類似クローリングなのです。その辺りが人民元基準値と市場実勢が離れていく理由なのではないでしょうか。

 

ところで、中国はIMFに対し、SDRの価値を決める標準バスケットの中に人民元を入れて欲しいと要求しています。入れば人民元が国際通貨として認知されたことになるからです。しかし当のIMFは、「ならば、もっと為替制度をきちんと運用せよ」と、これを拒否。

 

そんな中での今回の基準値切り下げ。表向きIMFの指導に従ったと、見せかけておいて、実は通貨切り下げによる輸出促進策に出たのだ。市場はこう解釈しました。通貨バスケットを使っていると言いながら、実は類似クローリング制であったのに、突然バスケットに従うと言い出したのは、いかにも不自然だというわけです。そんな中国のなりふり構わぬ対応を見て、中国経済はそんなに悪いのかと、市場はますます心配になりました。

 

中国の経済指標では、相手の統計から照合可能な貿易統計以外はほとんど信用できないと言われていますね。昔ほどではないけど、やっぱり信用できない。だから、ちょっとした政策変更でも悪い方へ悪い方へと、想像が膨らんでいくのでしょう。株式市場はその最たるものです。人より先に対処しようという思いでリスクに過敏になった結果、世界同時株安が起こりました。

 

|

« 中国人民元の新たな為替規制、為替予約の負担を大きく? | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2015年9月末現在) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548369/62206353

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人民元と中国の為替制度、中国の思惑と株価:

« 中国人民元の新たな為替規制、為替予約の負担を大きく? | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2015年9月末現在) »