« 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2016年2月末現在) | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2016年3月末現在) »

2016年3月18日 (金)

マイナス金利だけど、外貨預金はやめとこ

今年1月に日銀がマイナス金利導入を決めてから、各方面で様々な動きが広がっています。その一つとして、先日の日経新聞に、銀行が外貨預金をPRしているとの記事が載っていました。円金利がこうなら、少しでも金利が高い外貨での預金をお勧めするということ。銀行としてもそうするしかないだろうなという印象です。


しかし、僕なら外貨預金はしません。お得じゃないからです。何故お得じゃないのかを説明しましょう。


外貨預金には、為替レートをカバーするかしないかの2通りの方法があります。

まず、カバーする方法です。カバーとは、満期到来して円転する際の為替レートを現時点で固定しておくことです。先物為替予約締結の方法で行います(ヘッジという言葉がありますが、カバーとヘッジは違います)。


仮に、\金利1.0%、US$金利2.0の環境で、実勢為替相場\110.00の時、\1,000,000を元手にUS$1年定期預金を作るとします。この時の1年後解約時の先物為替レートは、108.9215686となりますから、米ドル建て元利合計US$9,272.73をこのレートで円転すると\1,010,000.。円のまま運用する場合は元利合計が\1010,000


つまり、

百万円を米ドルで運用後に円転 →\1,010,000

百万円を円のまま運用しても →\1,010,000

と同じなるというわけです。


先物為替レートが108.9215686というのがおかしいんじゃないの?

いえ、先物為替レートは下の方程式の解で求められるのです。

\1,000,000×1.01=((\1,000,000÷110.00)×1.02)×FR FR:先物為替レート)

式の意味は、左辺が円のまま運用した場合の元利合計、右辺が米ドルに換えて運用した場合の元利合計。両者が同額になるようにFRが決まるというものです。


両者が同額になるように為替レートが設定されるなら、円運用も米ドル運用も元利合計が同額になるのは当たり前のこと。でも、それはなにも上の方程式が意図して作為的に作られているのではなく、市場がそこに均衡するという仕組みを反映したに過ぎません。仮に為替レートが108.9215686より円安なら外貨預金に殺到するし、逆なら外貨保有者が円預金に殺到。108.92156886に着地するまでその動きが続き、結局そこへ落ち着くのです。これが裁定取引です。


さて、次にカバーしない方法です。

カバーしないので、満期日の円転レートを今決めることはできません。仮に110.00のまま動かなかったなら、

((\1,000,000÷110.00)×1.02)×110.00\1,020,000

となり、円のまま運用するケースに比べて\10,000余計に利息が付きます。


しかし、期日の実勢レートが108.9215686より円高になっていたら、円のまま運用していたケースより損するということになります。そのレート差は約1円。先月は1カ月の間に為替が10円動きました。1年もあれば、どれだけ動くかわかったもんじゃない。こうなると、もう預金金利が高いだの低いだのという問題ではありません。


まるで1問正解で1点ずつもらえる10問のクイズで、最後の10問目だけ一発逆転の100点差し上げます・・・みたいな。最後の1問のリスクは極めて高い。為替リスクは裸にしておくと、金利なんか吹っ飛んでしまうほど大きいのです。Mrs.Watanabeくらいの度胸があれば頑張れるかもしれませんけど・・・。


もちろん、この間に円安になる可能性もあります。賭けるなら、1ヶ月のお小遣い程度の規模にしておいたほうがいいのではないでしょうか。


実はさらにやっかいなことがあります。銀行の為替手数料です。TT幅は1円ですが、経常取引先なら多少の優遇はあるでしょう。仮に片道0.5円だとしたらどうでしょうか。さきほどの例では。


カバーした場合:((\1,000,000÷110.50)×1.02)×108.4215686\1,000,814

カバーしない場合:1年後のレートが1円だけ円安になってはじめてトントンという具合に、はじめから不利な条件でスタートをきらなければなりません。


ちょっと長くなりましたが、このような理由で、僕は外貨預金はしないことに決めています。

|

« 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2016年2月末現在) | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2016年3月末現在) »

銀行・金融」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548369/63364165

この記事へのトラックバック一覧です: マイナス金利だけど、外貨預金はやめとこ:

« 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2016年2月末現在) | トップページ | 外国為替相場推移と今後の為替動向判断材料(2016年3月末現在) »