« 北朝鮮のICBM開発、国連安保理制裁決議の効果に疑問 立場を逆転できないだろうか | トップページ | 小池百合子氏の知事としての働きぶり »

2017年8月11日 (金)

小池百合子氏の都民ファースト、若狭の国民ファーストは無政策の政策で受け皿になるのか

都民ファーストが圧勝した都議選。何故、民進党は、支持率が低下した政権与党の受け皿になることができないのか。一度はなったけど、その期待を裏切ったからだというのが大方の見方でしょう。民進党の前身である民主党は、1年毎に首相が代わる自民党に嫌気がさした無党派票の受け皿となって大きく票を伸ばしました。それまで耳にしなかった「マニフェスト」には、小泉政権が取り入れた新自由主義の浸透で広がった格差是正を念頭に、国民生活の目線に沿った公約を掲げていました。概ね以下のような内容だったと思います。

 

Ÿ 目指すのは、コンクリートから人へ、直接給付型による人間の安全保障、外交では新時代の日米同盟とアジア外交強化

Ÿ その為の手段として、事業仕訳などによる財源確保と政治主導による戦略実行

 

消去法による民主党選択もあったと思いますが、上のマニフェストに大いに期待したむきもあったでしょう。しかし誠に残念なことに、理想に経験値と戦略がついていかなかった。そのうえ、リーマンショクの後始末と東日本大震災という不幸な出来事が重なり、小沢対反小沢の確執やら、唐突に口をついて思わずでてしまった「最低でも県外」が、当初のマニフェストを粉砕してしまった。誠に不幸としか言いようがありません。

 

都民はそんな民進党を見きってしまったといえます。なら、自分の票を都民ファーストに持っていくしかないと大方の人々が思ったのでしょう。

 

ところで、都民ファーストの政策は、・・・・・なんでしたっけ?

 

よくわかりません。都政を変えるとは言ってたような気がします。都議会を改革するとも。でも、それは政策なのでしょうか。マニフェストなのでしょうか。都政が歪んでいるなら、とっととやればいい。都議会が腐っているなら、さっさと直せばいい。それは政策でもマニフェストでもありません。ことさら言い立てる必要のない、単なる方法論です。

 

政策とはなにか。間違っていた方法が正しい方法に変わったとして、その方法を使って、何をどうするのかが政策です。政策とビジョンがあって、それを実行するための方法の両方が揃ってはじめて知事の仕事が始まるのではないでしょうか。

 

私は別に民進党を支持しているわけではありませんが、上の民主党のマニフェストは少なくとも、政策と方法が網羅されていると思います。ところが、小池百合子氏も、都民ファーストも国民ファーストもそれがない。実行に失敗しても、政策がある民進党の方が、政策のないファーストよりまだいいような気がしますが・・・。

|

« 北朝鮮のICBM開発、国連安保理制裁決議の効果に疑問 立場を逆転できないだろうか | トップページ | 小池百合子氏の知事としての働きぶり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548369/65651707

この記事へのトラックバック一覧です: 小池百合子氏の都民ファースト、若狭の国民ファーストは無政策の政策で受け皿になるのか:

« 北朝鮮のICBM開発、国連安保理制裁決議の効果に疑問 立場を逆転できないだろうか | トップページ | 小池百合子氏の知事としての働きぶり »