経済・政治・国際

2015年9月 2日 (水)

中国人民元と中国の為替制度、中国の思惑と株価

 

先月、中国人民銀行が基準相場を切り下げたのをきっかけに、株が売られ、為替相場も乱高下しました。そもそも中国の為替制度はどうなっているのでしょうか。

 

ちょっと前まで、中国は事実上1ドル8.28人民元での固定相場を採用していました。それを、2005年に変更し、主要通貨の通貨バスケットを参考にして一定範囲の変動を容認する方法にしたとしています。一定範囲が小さくても、通貨バスケットを使っている限り、徐々に市場の需給で決まる均衡値に近づいていくはずですが、人民元は市場から乖離していました。本当に宣言通りの制度をその趣旨に沿って運用しているのでしょうか。

 

実は、国際通貨基金(IMF)は中国の為替制度を「類似クローリング制(Crawl-like arrangement)」に分類しています。IMFは各国が採用している為替制度を管理度合いからいくつかに分け、そのうちのどの制度に当てはまるかを国別に公表していますが、その際、各国が「自国はこうだ」と宣言する制度をそのまま公表するのではなく、事情をよく調べ、実態に即した内容に従って分類しています。実態に即した結果、中国の場合は「類似クローリング制だ」と言っているのです。

 

クローリング制とは、一定の方向を設定しておき、基準相場を定期的に変更する方法ですが、類似クローリングは変動を基準値から2%程度の範囲に収める方法です。基準値は統計的傾向値を以って決めるのですが、この統計的傾向値が曲者。思惑に沿った一定方向を想定している可能性もあるでしょう。だから類似クローリングなのです。その辺りが人民元基準値と市場実勢が離れていく理由なのではないでしょうか。

 

ところで、中国はIMFに対し、SDRの価値を決める標準バスケットの中に人民元を入れて欲しいと要求しています。入れば人民元が国際通貨として認知されたことになるからです。しかし当のIMFは、「ならば、もっと為替制度をきちんと運用せよ」と、これを拒否。

 

そんな中での今回の基準値切り下げ。表向きIMFの指導に従ったと、見せかけておいて、実は通貨切り下げによる輸出促進策に出たのだ。市場はこう解釈しました。通貨バスケットを使っていると言いながら、実は類似クローリング制であったのに、突然バスケットに従うと言い出したのは、いかにも不自然だというわけです。そんな中国のなりふり構わぬ対応を見て、中国経済はそんなに悪いのかと、市場はますます心配になりました。

 

中国の経済指標では、相手の統計から照合可能な貿易統計以外はほとんど信用できないと言われていますね。昔ほどではないけど、やっぱり信用できない。だから、ちょっとした政策変更でも悪い方へ悪い方へと、想像が膨らんでいくのでしょう。株式市場はその最たるものです。人より先に対処しようという思いでリスクに過敏になった結果、世界同時株安が起こりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国人民元の新たな為替規制、為替予約の負担を大きく?

 

今日の日経朝刊1面に、中国が新たな為替規制を導入する旨の記事が載っていました。人民元売り外貨買いの為替予約について、利用者の負担を大きくするというものです。

 

中国の中央銀行にあたる人民銀行は、先月、数回にわたって人民元基準相場を切り下げました。ところが、要らぬ副作用として、先行きを心配する人々がその後元を売り急ぎ、想定以上に人民元安が進行する兆しが見えた為、これに歯止めをかけようというのが今回の規制の目的です。そのため、元売りは規制しても、元買いは規制しません。相当露骨な管理政策ですね。

 

さて、具体的に負担はどれくらい大きくなるのでしょうか。計算してみました。

 

記事によれば、残高の20%を無利息の準備金として人民銀行に預託させるというもの。残高とは予約残高のことで、預託期間はその残高がoutstandingになっている間だと解釈しました。

 

預託期間は無利息なので、預金利息がその機会費用となります。いまの中国の預金金利は1年の定期預金で年率1.75%、期間は為替予約平均期間を6ヶ月として計算すると・・・・

 

為替レート×20%×1.75%×(6ヶ月÷12ヶ月)=為替レートの0.175

 

つまり、1通貨単位毎に、0.175%の負担がかかるということになります。

 

もう少し見えるように、ドル円に置き換え、為替相場が1ドル=100円とした場合で考えてみましょう。

 

100円×0.175%=17.5

 

1ドル毎に17.5銭負担がかかるということです。普通、企業が銀行とドル円の先物為替予約を締結するときは、銀行が1ドル毎に数銭の手数料をとります。中小企業では20~50銭くらいでしょうか。大企業では5~20銭くらいかな。そう思うと、17.5銭は無視できないですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

四半期資本主義と、持ち合い株と、トヨタの種類株式

 

みずほ銀行は大手銀行として初めて、「意義がない株は保有しない」との方針を打ち出しました。「意義がない株」とは主として持ち合っている株を指しています。

 

持ち合い株は、安定株主として固定化することを目的としているため、なかなか収益を生まない投資と見られます。そんな株式投資は投資収益を稼いでほしい株主の目から見ると「意義がない」と感じるのです。

 

株主から預かった大切な資本は、少しでも多くの収益を得る為に使わなければならないというわけです。新聞によりますと、そう主張したのは、元経済財政大臣で今はみずほ銀行の社外取締役である太田弘子氏だそうです。

 

別の日、6月中旬の新聞にトヨタ自動車が5年間売買できない株を発行するという記事が載っていました。5年間売買できない代わりに、その後は発行時の価格での買取りを要求できるそうです。それでいて議決権もありです。

 

新聞によれば、目的は長期株主作り。長期株主は長期的視野に立った経営を理解してくれるはず。トヨタ自動車は短期利益を追求するより、長~く生き残ることができる会社を目指しているとのことです。株主総会では四分の一が反対したそうですが、反対者の多くは、短期売買でキャピタルゲインを稼ごうとする機関投資家でした。

 

みずほ銀行の記事と、トヨタ自動車の記事は別の日に、別の視点から書かれた記事でしたから、両者を比べてみた人はあまり多くはないかもしれません。しかし、比べてみると両者のスタンスは眞逆。対立軸の両端にあります。みずほ銀行は短期利益を重視したスタンス。いや、株主を尊重したら、株主の多くが短期利益目的なので、結果として短期利益を優先することになったと言った方がいいかもしれません。他方のトヨタ自動車は、短期利益追求より長期視点に立った経営を目指すスタンス。短期利益追求株主なんぞ、単にキャピタルゲインが欲しいだけの「当座の株主」であって、本当の株主ではないという思想です。

 

そして、これまたタイミング良く、ヒラリー・クリントン氏が「四半期資本主義」を批判しているという記事を見ました。四半期資本主義とは、企業の四半期決算を買の意思決定材料として、こまめに株を売ったり買ったりしてキャピタルゲインを狙う投資家が横行する資本主義のことです。クリントン氏は、このような短期利益しか見ない経営や投資はいずれ資本主義を蝕むものであると批判しているわけですが、記事によると、これを批判する人達も多いといいます。批判しているのは、やはり短期利益追求型の投資家や株主です。

 

さて、3者登場しました。「短期利益追求型」対「長期的視点重視型」は1対2で、「長期支店重視型」の勝ち。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月16日 (木)

社会資本整備重点計画と新国立競技場の整備

今日の日経新聞朝刊の社説は、「社会資本の適切な総量管理を」というテーマでした。莫大な整備費用で物議をかもしている新国立競技場の話かなと思って読んでみたのですが、それには一言も触れていません。内容は、国土交通省が視界資本整備重点計画をまとめたというものでした。

従来の公共事業は選挙目当てのバラマキとの悪いイメージがあったが、今回の計画は、整備を通じて生産性を高める効果を重視するものとなっていると褒め、最後に、限られた財源を有効活用するためには社会資本の総量をしっかりと管理する視点が欠かせないと主張して結んでいます。

記者の思いは明らかですね。新国立競技場の議論とあまりにもタイミングが合いすぎています。

整備後の運営において赤字となることが見えているから、生産性を高める効果を重視しているとは言えないと・・・、実際には書いていないけど書きたかったはず。また、その莫大な整備費用は突出しており、社会資本の総量をしっかりと管理していると言えないとも・・・、たぶん、書こうとした。

要するに、今回、国土交通省がまとめた計画の方針に対し、新国立競技場整備案は真逆を向いていると主張している・・・ように見える。特定の人を責めるのも気の毒。なにかいい方法はないものか。それともエジプトのピラミッドのように、三千年待てば偉大な遺産になっているのでしょうか。芸術的判断もときには必要なのですが・・・。

診断士としては、あくまでも経営管理的合理性を追求しつつ、人生は結局芸術だとも思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

新国立競技場の非常識な整備計画と義理人情にまみれた芸術的判断の愚かさ

新国立競技場の整備費用が莫大であることが物議を醸しています。ちょっと前はなぜこんなに騒ぐのかなと思っていたのですが、新聞やTVの報道を聞くと、やっぱり憤りを感じます。

 

だって、2,520億円もかかるというではありませんか。

 

この金額だけ単独でみてもイメージわきませんが、面子にかけてオリンピックを成功させると息巻いていたあの中国でさえ、北京オリンピックのメインスタジアム建設費用が500億円程度、別の比較では、東京スカイツリーが6以上も建つなんていうことを聞くと、2,520億円がいかに異常な規模であるかがわかります。

 

しかし、当事者はあくまで押し通すつもりらしい。この新国立競技場だから、オリンピック招致が成功したのだとか、安倍首相が、プレゼンで、世界のどこにもない競技場だと言ってスクリーンに映して見せたから、いまさら撤回できないとか、ラグビーワールドカップに間に合わなくなってしまうから、もう引き返せないとか言って、もう他に選択肢がないという言い方です。

 

まず受けのいい事ばかり並べ、選択肢を捨てさせておいてから正体を見せるという作戦だったのでしょうか。どうやらそんな緻密で計画的な確信犯でもなさそうです。一部には、「今は大変な思いをするかもしれないが、将来には必ず貴重な遺産になる。」と信じきっている人さえいるようですし。まさに芸術的判断ですね。エジプトのピラミッドのように三千年待てというのでしょうか。

 

しかし、今の日本には芸術的判断をエンジョイする余裕はありません。少なくとも経済合理性にかなったものである必要があります。その点はどうでしょうか。

 

いくら初期投資が莫大でも、その後の運営でキャッシュフローが生み出せるなら、いつかはそれを回収することができ、事業全体としては経済合理性があるといえます。例えば、2,520億円かかっても、今後の使節運用で毎年10億円のキャッシュフローを捻出することができれば、252年で回収できます。限界利益がプラスでありさえすれば回収は時間の問題なのです(金利など細かい前提はとりあえず無視)。

 

ところが、修繕費やメンテナンスコストを考慮すると運営においても赤字になるというではありませんか。民間であれば、限界利益がマイナスのプロジェクトは最初から検討の台に上りませんよね。いったい何を考えているのやら。

 

そんな杜撰さが明らかになったのだから、とっとと撤回して別な計画を立てたらいかがですか。しかし、日本人はそれもできない。

 

一流の企画者がせっかく考えたんだからその顔を立てなければならないとか、あの人には義理があるから途中で裏切るわけにはいかないとか、梯子をはずすような真似をすると人情がないと後ろ指さされるとか、そういった美しい人間関係の中で合理的な判断ができなくなっているのだと思います。

 

思えば、太平洋戦争に突入した経緯もそのようなものではなかったか。福島原発での事前の備えもそうではなかったか。ひょっとしたら、今般の安保法制だってそんな義理と人情で進められているのかもしれません。恐ろしい事です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

ギリシャのユーロ離脱効果は?

ギリシャの国民投票では、緊縮財政への賛成論が増えて両主張拮抗するようになったという事前の世論調査結果を大きく裏切り、「緊縮財政拒否」が圧倒的多数をしめて、明確にギリシャ国民の総意として確認されました。これは良識ある選択なのか、それとも衆愚の反映なのかというと、難しいところですが、これによってユーロ離脱の可能性が高まったことは確かなようです。

ただ、ユーロ側はギリシャの離脱を認めることはないでしょう。離脱のメリットはむしろギリシャ側にあるのではないかと、僕は思います。

まず、ギリシャにとってユーロ離脱はどのようなメリットとデメリットをもたらすか。

短期的なメリットとしては、離脱によって独自通貨(かつての「ドラクマ」かな)を発行でき、金融政策面で一定の自由度を奪回することができることです。一方、デメリットは、財政支援が受けられなくなることです。

しかし、金融政策上の自由度を得ることによって、財政政策と整合的な経済政策をとることができ、いままで不自由であった金融政策を財政で補わざるを得なかった状況と比べると財政負担は少し軽減されるのではないでしょうか。もっとも、それが他からの財政支援分の全てを補完できるかというと、そうは簡単ではありませんが。

大事なのは長期の視点です。結局、ギリシャは国政において自分の足でしっかりと自律していく道しかのこされません。その面で国民一人一人の建国意識と結束が深まる可能性があります。短中期的には、相当の痛みを伴うが、長期的には充実して幸せになるのではないでしょうか。

ユーロ側はどうでしょうか。

メリットは、蟻地獄のような財政支援の負担から解放されることでしょう。もっとも、債権放棄による相当額のキャピタル・ロスが発生しますけど・・・。一方、デメリットとしては、安価な労働力群を失うこと、圏内でのヒエラルキーを失うこと。ギリシャが居なくなればよりコンファインされた世界で新たなヒエラルキーを作りださなければなりません。相当なコストを伴います。次のギリシャが必要なのです。そして次のギリシャが同じように離脱するならまた次のギリシャというように。それは南欧諸国の全部が離脱した後も続きます。ユーロとは構造的な経済格差を必要とする枠組みだからです。

長期的には、ユーロの結束を損なうばかりか、伝統的な枠組みの中で勢力を拡大しようという目論見もはずれるのではないでしょうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月19日 (金)

PCのOutlook予定表をAndroid携帯と同期

 

Windows8.1Outlook2013予定表を、Android携帯で使うカレンダーと同期させるのに結構苦労しました。

 

 

 

予定表は自己行動管理の基本。もともとは、革表紙のシステム手帳A5サイズを使っていました。40歳くらいの頃からですから1995年前後から15年くらいでしょうか。そのうち、いわゆるスマホが出回るようなった初期のころ、サッカーの中田英寿がCMしたWindows Phoneを買って、カレンダーアプリにも予定を入力するようになりました。

 

 

 

結果、自宅PCOutlook予定表、手書きのシステム手帳、Windows Phone・・・、さらには会社のスケジュール表と、いくつもカレンダーができ、予定ができる都度、それらに手書きしたり、入力したりと、とっても面倒なことになったのです。それでも、携帯がwindowsだったので、同期は自然でした。手書きのシステム手帳は予定表というより、タスク管理や企画アイディアメモといったことに使うようにして、なんとなく各メディアの棲み分けができていて、それなりに満足していました。

 

 

 

ところが、その後Windows Phoneが店頭から消え、新たな道具としてタブレットが普及するようになりました。タブレットの使い道は人それぞれですが、僕の場合、手書きのシステム手帳をタブレットに置き換えるニーズにピッタンコ。ただ、iOSAndroidというわけにはまいりません。自分の活動や仕事は全部WindowsOfficeだからです。

 

 

 

Surfaceが出るまで待ちました。

 

 

 

さて、Android携帯、Surface(Windows8.1,Outlook予定表)、自宅書斎のデスクトップPC(Windows7,Outlook2013)をどうやって連携させるか。IT素人の僕には難題ですが、あちこち調べ、あれこれ試行錯誤してなんとか実現できました。その方法は・・・・

 

 

 

Windows PCOutlook2013予定表とAndroid携帯のカレンダーを同期させる方法】

 

 1. 考え方 : Outlook2013予定表のデータとAndroid携帯カレンダーのデータをWeb上のOutlook.comを仲介して自動的にやりとりする。

 

 

 

 2. 手順

 

 (1) 仲介するOutlook.comを準備する。

 

  Microsoftアカウントを作って、Web上のOutlook.comを使えるようにする。

 

  アカウントに登録するメールアドレスは、XXX@outlook.comとかのWebメールにしなければならない。Microsoftアカウントのサイイン画面で新規取得可能。

 

     ③ Outlook.comにもカレンダーがあるが、これはとても使い勝手が悪い。やっぱり手元はOutlook2013予定表(Outlook.comOutlook2013は名前が似ているので混同しないように注意)。

 

  しかし、この使い勝手が悪いOutlook.comカレンダーが仲介役となる。つまり、Outlook.comカレンダーとOutlook2013予定表をまず同期させるということ。その手順は(2)

 

 

 

 (2) Outlook2013予定表とOutlook.comの同期

 

  PCOutlook2013予定表を開いて、ここにOutlook.comのアカウントを登録する。登録するのは、さっき作った.XXX@outlook.com

 

  Outlook2013左上の「ファイル」→「アカウントの追加」→XXX@outlook.comを入力し、手動設定を選んで「次へ」。

 

  Outlook.com・・・・と互換性のあるサービス(A)を選択して「次へ」。

 

  サーバー情報のメールサーバーには,「m.hotmail.com」と入力。

 

    ⑤ これで画面には、「予定表Outlookデータファイル」と「予定表XXX@outlook.com」の2つの予定表ができる。前者ローカル、後者はOutlook.comとつながっている。

 

  旧予定表(予定表outlookデータフィル)の各予定を新予定表(予定表XXX@outlook.com)に移すには、少なければ、予定表を2つとも表示サセテドラッグ・ドロップ、多いなら、Outlool.comからインポートする。

 

 

 

 (3) Android携帯カレンダーとOutlook.comの同期

 

  使いたいカレンダーアプリを開いて、Outlook.comのアカウントを追加する。ジョルテは月間料金¥300が必要なジョルテ・プレミアムじゃなければ登録できないと表示されたので、「Sプランナー」でやってみる。

 

  カレンダーからアカウント追加→Microsoft Exchange Active Syncを選択して、内容を入力する。

 

  同期ボタンを押すと、あ~ら不思議、Outlook2013の予定が全部Sプランナーに表示されるではないか。

 

 

 

当然新規の予定は、Outlook2013からでもAndroidカレンダーからでも登録可能です。また、Outlook2013は自宅PCでも、SurfaceでもOK。これで、3者めでたく同期とあいなりました。

 

 

 

それにしても、Webメールのなんたるかを理解していない僕でしたから、随分と苦労しました。あとは、データ通信料金が安くなるのを待つだけです。おしまい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

調査捕鯨は正当化できるか、IWC総会

 

昔、給食に出てきた「クジラの竜田揚げ」は好きでした。酒のつまみに食べる「クジラのベーコン」もとってもおいしい。昔のようにクジラが食べられるようになるならとても嬉しく思います。しかし、そう簡単にはいかないようですね。クジラだけでなく、食べたいものの捕ることを正当化する必要があるとき、「食文化」という言葉がよく聞かれます。この言葉は誠に都合が良い。文化や文明は守らなければならないという意識が誰にでもあり、それは尊重されるからです。

 

しかし、世界中の鮪や鯨や鰻を捕ってきて食い散らかすことはもはや「守る」域を超えているように思えます。資源が自然のサイクルを循環しながら維持できる範囲でそのおこぼれをもらって生きていくのが自然と共存する人間の生き方だと思うのです。ニュージーランドではクジラは自然観賞の資源なのかもしれない。それを日本から出かけて行って捕ってくるのは彼らにしてみれば理不尽です。世界のどの地域においてもクジラを捕ることを許さないという反捕鯨主義者にはくみしませんが、クジラの食文化を守るなら日本の周りだけで済ませておいた方がいいのではないでしょうか。

 

IWC総会では日本が不利な戦いを強いられている報道が目立ちます。日本人としてはやりきれない思いですが、調査だけなら殺す必要はないという意見にも一理ある。また、クジラの店頭販売は、調査のために奪った命を無駄にしないといえば美しいが、現象面で捉えるなら明らかに商業ベースに乗っています。なによりも、こんなに反対にあっていて、国際的な日本の評判を落としてでもクジラを食べる必要があるのでしょうか。しかも遠くまで出かけて行って・・・・。そもそも、捕鯨の目的が調査だというなら、調査結果が価値ある研究成果として発表されているのでしょうか。報道されていないだけなのでしょうか。日本側の交渉論点が説明されていないので、さっぱりわかりません。

 

金にものを言わせ、食欲にまかせてむさぼるのはみっともない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

アップル・ウォッチはiPhone6のアクセサリーとして価値あり

日本経済新聞の911日付朝刊は、アップルが発表したアップル・ウォッチを「想定内の革新」と評していました。まるで想定内なら革新とは言えないかのような書きぶりです。商品の価値は皆があっと驚く想定外の奇抜性で測ることはできません。あっと驚いたけどユーザーのニーズに合致して定着しなければただの話題で終わってしまいます。

 

昔、日本の時計メーカーが手で触ると時刻が表れる腕時計を作って売りました。普段はのっぺらぼうの文字盤が、触ると時刻がデジタルで表れるしかけになっていました。皆あっと驚きましたが、あっという間に店頭から消えました。わざわざ手で触れなければ時刻が分からない腕時計なんて誰も欲しくはなかったのです。

 

私は、以前から腕時計型の端末があればいいなあと思っていました。昔のボタン露出型携帯はとっても軽いのでワイシャツのポッケに入れていました。だからブルブルだけでも、かかってきた電話やメールにすぐ気付きます。それがパッタン型の折りたたみ携帯になってワイシャツのポッケに入らなくなり、それがスマートフォンになってさらに重たくなったので、鞄の中に入れるようなると、電話がかかってきてもメールが届いてもぜんぜん気付きません。「いくらかけても全然電話にでない!」と娘にしかられます。仕方なく、大きな着信音量を最大にすると、今度は「着信音が鳴るなんてダサい!」と言われてしまいました。ブルブルが肌に近いところで感じることができれば問題解決します。肌に近くいつも目に入る場所に、鞄の中のスマート・フォンの出先機関として、本体の状態を知らせるとっても軽いデアイスがあればいいのです。そう。腕時計がいい。

 

腕時計型デバイスは私のニーズを満たすものでした。だからアップル・ウォッチには着信信号以外にびっくりするような機能は不要です。いろいろなものをゴテゴテくっつけるよりよほどスマートです。

 

考え見ると、携帯電話はどうして大きくなってきたのでしょう。それは電話にPCに匹敵する機能を要求したからです。PCに匹敵する機能を備えても、小さなディスプレイで小さなパネルタッチキーボードでは使えません。やはり大きくする必要があったのです。そして大きくなれば、PCの状況を知らせる軽くて小さな出先機関が必要になる、アップルが大画面のIPhone6とアップル・ウォッチを同時に発表したのにはそれなりの必然性があったのではないでしょうか。つまり、アップル・ウォッチはiPhone6のアクセサリーとの位置付けです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

原発、汚染水問題は事故か。テロ対策はどうか。

福島第一原子力発電所でまた汚染水の問題が発覚しました。本来送られるべきではない場所にあやまって汚染水が送られてしまったという問題です。普段稼働してないポンプが動いてそちらに汚染水を送り出したのが原因だそうですが、何故ポンプが動いたのかは調査中とのこと。

NHKの報道によると、以前の汚染水漏えい問題で、当時原因とされた弁の解放もそれがなぜ解放されたのかいまだにわかっていないとのことです。

異常事態での管理であるから間違いが起こりやすいということもあるのかもしれませんが、これほど続くと、これらの事故が本当に事故なのかどうか疑いたくなります。一般の企業でも、何かトラブルが発生すれば、様々な手を尽くし、同じ原因で起こるトラブルはもちろん、その周辺で新たに想定できる原因もなんとか取り除こうとします。それが、注目されている原発となるとみな必死に対処するはずでしょう。そんな中で続くトラブルや事故は極めて不自然であると言わざるを得ません。だから、もっと疑いの範囲を広げていろんな可能性を追求すべきでしょう。

具体的には、単に意図しないミスという観点からだけでなく、社内や出入り業者の中の悪意を持った極端な思想家や日本を内部から崩壊させようと企む海外のテロ組織などの可能性も対象とした調査を進めるべきだし、そういう疑いがあることを報道すべきだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧